東大阪部会

NPO FUKUTECH

東大阪部会

Stacks Image 21666
  • 東大阪部会とは
    ・H18年4月 こむねっと部会(当時:こむねっと事業部)
           東大阪市高齢者・重度身体障害者住宅改造費助成適正化検証チームとして発足。東大阪市
           からの委託業務として検証活動に従事
    ・H19年4月 こむねっと部会から離脱し、東大阪部会となる
    ・H20年5月 東大阪市介護保険住宅改修適正検査業務を受託

    ・毎週木曜日、東大阪市において改造費助成・介護住改の検証活動を行う。
    ・「第三者性」「専門性」「現場の目線」を重視し、検証基準や技術手法を共有し、個人ではなくチーム
     として取組む

    『東大阪市高齢者・重度身体障害者住宅改造費助成制度の目的 』
     ・東大阪市在住の一定要件に適合する高齢者および重度身体障がい者が、住み慣れた自宅で、自立して
      安心・安全な生活を継続できるよう、必要な住宅改造の費用を一定限度内で助成する
     ・個人の住環境を整えるという、本来自助努力によるべき 課題について、その克服が自力では困難な
      状況にある世帯を、行政が仲立ちとなって、市民の共助によって、支え合う社会づくりをする

    『東大阪市高齢者・重度身体障害者住宅改造費助成検証活動の目的と意義』
    1、高齢者・障がい者の為の住環境のバリアフリー化を促進するために、専門的に踏み込んだ検証および
      指導を行う
    2、制度の適用基準については、その趣旨に沿った弾力的解釈も目指す
    3、第三者性を保持して、 あくまでも公正中立な判定をする
    4、手続きの迅速化も図り利用者や改造業者等の負担の軽減に配慮する
    5、地域福祉力の育成に寄与する
    6、検証活動を通じて、助成制度の改革を含む施策提言に結びつける                
  • 東大阪部会活動メンバー
    更新中
出前講座案内 出前講座申し込み案内(大阪市立住まい情報センター) PDF書類(1.4MB)
2018年10月31日(水) 「たかが手すり されど手すり」
会場:大阪市生野区老人福祉センター
問合せ:同上 06-6712-2228

  ・出前講座 約90分
A「たかが手すり されど手すり」
B「必要になる前に知っておこう 介護保険の住宅改修」

  10名以上で構成されたグループ等を対象として出前講座を実施していますので、ご希望の方はご連絡ください。 また、大阪市内在住または勤務している方には大阪市住まい情報センター出前講座としても実施しています。  
東大阪部会
© 2009 Non Profit Organization FUKUTECH